定岡正二−甲子園のアイドルからヘナチョコ伝説。

今回はサダ(貞子じゃないよ)こと定岡正二さんです。

高校野球夏の選手権第56回大会(1974年)。
鹿児島県の名門、鹿児島実業のエースとして甲子園に現れた定岡正二は、この大会で県勢初となる準決勝進出を果たします。
その時の甲子園には現読売ジャイアンツ監督の原辰則氏も神奈川県代表、東海大相模の主軸として出場しており、準々決勝で両校は対戦します。
延長15回の熱戦の末、鹿児島県勢が神奈川代表校に春夏合わせて初めて土をつけます
結局チームは準決勝でサヨナラ負けを喫しますが、準決勝での負傷交代、端整な顔立ち、そして県勢初のベスト4進出ということで一躍甲子園のアイドルとなりました。
ちなみにこの大会には定岡正二、原辰則の他、優勝した銚子商業には篠塚がおり、まさに将来の巨人を背負う選手たちが活躍していた大会でもあります。

さて、高校卒業と同時にドラフト1位で巨人に入団した定岡ですが、その人気は衰えるところを知らず、自主トレが行われた多摩川グラウンドには定岡を一目見ようと、約2万人のファンが訪れました。
定岡の人気がどれほど高かったかを裏付けるエピソードです。
プロ入り当初はなかなか活躍できませんでしたが、入団5年目に念願の1軍初勝利を挙げます。するとその後は先発の一員として2桁勝利をあげる活躍します。
しかし、好調もつかの間、不振に陥った定岡は1985年にはトレードで近鉄行きを命じられ、それを不服とし突然の引退表明。
現役生活わずか10年でプロ野球界を去ります。

その後はその人気をもとに芸能界入りしますが、なんといっても定岡のタレントとしての価値を高めたのは「とんねるずの生でダラダラいかせて(通称:生ダラ)」だと思います。
いつの間にか番組に出演し、準レギュラーの座を獲得していました。
主に石橋貴明さんとの絡みが多かったのですが、勝負に負けて

甲子園の大ヒーローが土下座

をしていたのは切ない気持ちでした。
石橋との勝負に負けて、

緑色のダサジャージを着て付き人

なんてものもありました。

ヘナチョコサダの真骨頂です。

また、帝京高校野球部(今年も甲子園に出場しています)だった石橋貴明との野球対決での勝利後、ご褒美として独占講演会を開きましたが、話が長すぎたため

ほとんどオンエアされずにカット

されました。「話が長いので省略」というテロップが出ることもしばしば。
いやぁ、笑わせてもらいました。
そのヘナチョコサダの必殺技は

ナイアガラドロップキック

PK戦対決ではナイアガラドロップキックでシュートするも、キーパー真正面にコロコロボール。。。。

ヘナチョコすぎです。

坂東英二と共に今では元プロ野球選手とは誰も思わない人の代表格ではないでしょうか。

野球としてはエリート一家で兄、弟ともに元プロ野球選手です。
甥は現在福岡ソフトバンクホークスで奮闘中の定岡卓摩。
ヘナチョコサダを超える活躍を期待しています!

ちなみに現役引退時には

芸能界には入らない

と豪語していた定岡でしたが、いまやドップリ芸能界に浸かってしまいましたね。。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21945569

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。