八重樫幸雄−メガネ捕手初代は古田ではなく俺だ!威圧感抜群のオープンスタンス。

こんにちは。
甲子園、熱戦が続いていますね。今日は、週末ということで早起きしてライブ中継を見れたのですが、高知商業と鹿児島工業の試合はまさに高校野球!という試合でした。
両チームとも再三チャンスをつくるものの最後にはピッチャーがふんばります。
鹿児島工業の代打で出た今吉君も怪我をのりこえての執念がつたわってきました。
次の試合もぜひ頑張ってほしいです。
東北勢ひいきの私ですが、この試合は個人的にかなり熱い試合だったと思っています。
もちろん、注目の早稲田実業と大阪桐蔭の試合も見ました。
予想外の大差がついてしまいましたね。
エースの斎藤君の調子しだいでは早実もかなり上位をうかがえそうですね。
というか、すでに優勝候補か?!

強豪が次々と姿を消すなか、沖縄県代表の八重山商工が初戦、苦しい試合を勝ち抜きましたね。
この勝利は八重山商工の勢いをつけるのでは、と感じます。

はい、というわけで今日は八重樫幸雄さんです。
八重山→八重樫と強引ですが、そこはツッコミなしということで。。

高校時代から強打者として名をはせていた八重樫。
打撃練習中にはオーバーフェンスしてガラスが割れないように、学校側が窓に設置するほどでした。
仙台出身の八重樫は仙台商業を経て、ドラフト一位でヤクルトアトムス(現:東京ヤクルトスワローズ)に入団します。
同時期には横浜ベイスターズの監督も勤めた大矢明彦が入団しており、八重樫は大矢に正捕手の座を奪われてしまいます。
当時には、八重樫の視力が低下する影響もあり、しばらくは控え捕手という立場でした。

しかし、八重樫の打力を高く評価していた当時の三原脩監督は、なんとあの体型の八重樫に

無謀なショート転向を指示

します。
晩年の八重樫のイメージがある私としては、あの足の遅さでは、守備で最も俊敏な身のこなしが要求されるショートをやらせるのは無謀だと思うのですが。。
しかし、それほどまでに試合に出させたかったということは打力はかなりのものだったのでしょう。
結局、ショートへのコンバートは断念となります。
なかなか、レギュラーを取れない八重樫は焦りがあったのでしょうか、もしくは視力低下が響いたのでしょうか、打撃でも調子を落としてしまいます。

諦めない八重樫は、当時の中西太打撃コーチ(当時)と共にバッティングフォームの改革を断行します。
2人で研究をかさね、ついに伝説のオープンスタンスが完成したのです。
メガネをかけていた八重樫は、普通にバッターボックスに立つと、メガネの縁が邪魔をして視界がさえぎられるため、あのオープンスタンスとなったそうです。

いまでもSMAPの中居君がよくものまねをしているので、現代っ子にもおなじみですね。
現中日監督の落合博満氏は

オープンスタンスの基礎を築いたのは八重樫さん

と評価しています。
そういえば、少し前の甲子園で沖縄の那覇高校(だったと思う)の代打が八重樫そっくりのバッティングフォームをしていました。
あの時は甲子園がどよめいたのを覚えています。

念願の正捕手の座は、大矢が引退した後に確保。
1984年にはプロ入りして初めてオールスターに出場、1985年には3割の打率を残し、ベストナインに選出されます。
晩年の野村克也監督(現:楽天監督)時代には杉浦亨と共に代打の切り札として活躍しました。
1993年には現役を引退しますが、引退の席では中西氏と野村氏に対する感謝の気持ちを涙ながらに語りました。

なお、捕手としての実働23年は野村克也氏に次ぐ歴代2位の記録となっています。
ショートにコンバートしなくて本当によかったですね。

引退後はヤクルトの各コーチポジションを担い、現在は1軍打撃コーチを務めています。
仙台出身であり、師と仰ぐ野村氏が指揮をする楽天への異動は、、、

ないかぁ。。。

この記事へのコメント
楽天へ行ったらまず同じ捕手のカツノリからたたき直して欲しいですね。(野村監督がいる間は無理か・・
Posted by westline at 2006年08月13日 22:37
宮城県の代表校って、東北高校か仙台育英って決まってんですよね。地区予選は、東北―育英の決勝戦だけすれば良いって感じです(笑)。そんな中で公立高校の仙台商業を甲子園へ送り込んだのは奇跡的です。
Posted by uesama01 at 2006年08月14日 04:06
Westlineさん、Uesama01さん、

宮城代表校はどこが出てもいつも良いチームですよね。
その調子で楽天も頑張ってほしいのですが。。
野村監督に期待しましょう!
Posted by ヒカル at 2006年08月16日 04:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。