鈴木孝政−ドラゴンズの初代抑え投手?!長嶋親子と公式戦で対戦した唯一の投手。【プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog】

今回は元中日ドラゴンズの鈴木孝政さんです。


苗字に特徴がないので管理人としては若干印象が薄いのですが(失礼)、その成績、功績を見るとすごい投手だったのがわかります。

高校時代の鈴木は千葉の成東高校で野球に励みます。
甲子園の出場こそ叶わなかったものの、関東高校野球界ではかなり名が知られた投手だったようです。
当初、鈴木は大学進学を希望していましたが、やはり評価がかなり高かったのでしょう。中日が猛アタックをかけ、ドラフト1位で指名。
鈴木もその熱意に負け、入団を決意します。

入団2年目の1974年には、すでに登板回数が30試合を越える活躍を見せます。
主な役割はロングリリーフを含む救援投手でした。
1975年には21セーブ、1976年には当時のシーズン最多セーブ記録(26セーブ)を打ちたて、最優秀防御率と最優秀救援投手のタイトルを獲得します。
1977年には9つのセーブながら、前年に続き、最優秀救援投手に輝きます。
セーブ数が9つのタイトル獲得ですから、当時はいかに「クローザー」という役割が確立されていなかったかがわかります。

江夏豊が抑え投手のパイオニアと言われますが、江夏がリリーフに転向したのは1977年であり、鈴木が抑え投手の先駆者と言えるかもしれません。

順調に活躍を重ねていた鈴木ですが、肘の故障で戦列を離れることになってしまいます。
その肘の故障で、以前の速球は失われてしまいます。
そのため、鈴木は投球スタイルを変更し、緩急と丁寧にコースをつく「打たせて取る投球」で復活します。
1982年にはリリーフ投手から先発へと転向。
先発した初めての試合では、いきなり完封勝利をあげました。
その後も先発として、1984年には16勝8敗の成績で「カムバック賞」を受賞しました。

打撃においては

センターゴロを記録(阪神戦)

したことがある珍しい選手です。

1989年に現役を引退しますが、その後は中日のコーチ、野球評論家として活動。
なお、鈴木は中日の投手として球団史上最多の586試合出場という記録を持っています。
実働17年という長い期間にわたり活躍したからこそ生まれた記録。
長嶋茂雄一茂の親子と公式戦で対戦したのは、この鈴木しかいません。
こんな所にも長く第一線で活躍した跡が見て取れますね。

昨日は若干ふざけすぎたので、今日は真面目に書いてみました★
取り上げる人物によっても、だいぶ違ってくるのですが。。

宇野勝−プロ野球界の歩く珍プレー。でも守備は結構上手いんです。【プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog】

こんにちは。

昨日は宇野さんの「伝説のヘディング事件」をお伝えしましたが、今日はその続編です。
今日は宇野勝さんがテーマです。

宇野は銚子商業時代に1976年の夏の甲子園に出場。
その頃の千葉は最強時代であり、2年連続して千葉県代表が夏の甲子園を制していました。
それに続いて宇野もチームを牽引した、と書きたいところですが、

甲子園ではヒット1本

に終わっています。

結局、銚子商業はベスト8で敗退。
千葉県代表の三連覇は潰えました。
しかも、この銚子商業の敗退はその後10年間、千葉県代表校がベスト8にも進出できないという

暗黒時代をもたらしたのです。
(1987年に習志野高校がベスト8に進出)

さて、上記からもわかる通り、宇野氏が打撃を評価されてプロ入りしたわけではないのは明白です。

そう、守備を評価されてのプロ入りだったのです。

中日に入団した宇野ですが、良い意味でも悪い意味でもスカウトの期待を裏切ります。

良い意味)
本塁打を打てる大型ショートとしてレギュラーの座を不動にします。
1985年に自身が記録した年間41本塁打は、遊撃手の年間本塁打記録でまだ破られていません。守備に気をつかうショートというポジションでは、かなりの大記録です。

悪い意味)
はい、これはもう一言で。

伝説のヘディング事件

↑が有名ですが、実際は宇野選手の守備はそんなに下手ではありませんでした。
イメージというものは恐いですね。


宇野氏が解説を勤めた阪神−中日戦で、中日の福留孝介選手がエラーしたのを見て、

「下手ですね〜」

とコメント。
宇野氏が言うと、なぜか笑えてしまうのが不思議です。

その他には、横浜スタジアムで行われた横浜戦で、ライトのエラーで出塁した宇野が全力で次塁を狙い、

一塁走者を追い抜きアウト

というかなりの珍プレーもありましたが、ヘディング事件の意識が強すぎて後世にあまり伝えられていないのが残念です。

本当に憎めないキャラの宇野さんです。
その性格からでしょうか、星野仙一、落合博光など大物にも可愛がられています。
打撃に関しては、落合は宇野を信頼していたようです。

さて、中日で大活躍していた宇野ですが、1993年には千葉ロッテに移籍をします。
ロッテは千葉に移転が決まり、千葉県出身のスターを獲得したいという意向がありましたが、結局ロッテでの宇野は奮わず、94年のシーズンを終えて現役を引退します。

愛されるキャラクターの宇野さん、これからも私たちに笑いと感動をお願いします!

最後に余談ですが、宇野さんをかたどった

「ウーヤン人形」

なるものが昔存在しました。

はい、不気味でした。。。

今回はなんか珍プレー特集みたいになってしまいました(反省)。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。