村田兆治−ロッテの英雄:マサカリ投法【プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog】

どんどん行きましょう!

今回は元ロッテの名投手、村田兆治投手です。
昨年はロッテの日本一で盛り上がりましたが、この村田投手の頃にもロッテは優勝してるんですね。私はまだ生まれてませんでした。

ただ、あのマサカリ投法と切れ味するどいフォークボールは印象に残っています。
元阪急の山田久志さんが語るには「次、フォークで」と言って、実際にフォークを投げて打者を空振りさせていたそうです。
そんな切れ味するどいフォーク、人生で一度ぐらい投げてみたい。
打者も、フォークとわかっているなら振らなきゃいいのに、と個人的には思ったりもしますが(笑)

このフォークボールの習得には、村田選手もかなり苦労されたようです。
指にボールを挟んで、縄でボールを縛り付けたまま寝てみたり(これ、実は私もやったことあります)、握りを深くするために

中指、人指し指にナイフ

で傷をつけたこともあります(これはさすがやったことないです。汗)。

暴投の数も歴代圧倒的に一位ですが、これはフォークの切れ味がするどく、キャッチャーが対応できなかったという方が正しいかもしれません。
佐々木や野茂のフォークよりも凄いのかな、、、

なお、2005年に野球殿堂入りを果たしました。
おめでとうございます!

村田兆治投手のような豪快で特徴的な投手が、今のプロ野球界にも現れてくれることを願ってやみません。

ちなみにこの村田投手、
50代にしてまだ140km出せるらしい。。。
怪物か?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。