スポーツの醍醐味、珍プレー!宇野の伝説のヘディング事件【プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog】

今回はスポーツの醍醐味とも言える珍プレー事件を紹介します。
皆さんもご存知、珍プレーといえば真っ先にあげられるあの

伝説のヘディング事件

をテーマにしてみましょう。

と言っても、ジダンのマテラッツィに対するヘディング事件ではありません。
あれは珍プレーじゃないですよね(汗)

時は1981年8月26日。
後楽園球場では巨人−中日の試合が行われていた。
この試合はプロ野球ファンならずとも大きな関心を持って見られていました。
巨人はその日まで159試合連続得点中。つまり1年以上完封負けをしていない無敵の状態です。
これに宣戦布告したのが熱血星野仙一投手(現阪神シニアディレクター)。
星野はこの巨人戦を前に完封宣言をして、注目を集めていたのがこの試合。
巨人戦は全国放送。
全国民がテレビの前にかじりついて観戦していました(多分)。

その日の星野は絶好調。
巨人打線を全く寄せ付けず試合は進みます
星野完封かと思われた試合の後半、

その悲劇は起こった!

巨人の山本功児の打った打球は高々とフライとなり、宇野が追いかける!

そして、

そして、

世紀の珍プレー、ヘディング!

巨人に待望の1点が入る。

うずくまる宇野。

そして、ホームベース上で鬼の形相でグラブを叩きつける星野!

どうする?

どうする宇野?

ベンチで星野は大激怒!
恐怖に怯える宇野!

ただ、その後が星野の優しさで、試合後には宇野をご飯に誘ったそうです。
結局、宇野はご飯の誘いを断ったようですが。。。

このプレーは宇野の知名度を大きく向上させました。
プロ野球珍プレー好プレーでも必ず「珍」の代表として、このヘディング事件は紹介されます。
インタビューで宇野氏が言うには、当時は風もなく、照明が目に入ったわけでもなく、言い訳はない、とのこと。

なお、元々宇野選手は守備が評価されプロに入ったのですが、このプレーの印象が強すぎて一度もゴールデングラブ賞をもらったことがありません。
ゴールデングラブ賞は記者投票で選ばれるため、記者さんの頭の中に、あのプレーのイメージがその後何年も離れなかったってことですね(笑)。

ちなみに、この本はプロ野球珍プレーの本ですが、値段は1円?!

コレはメジャーリーグの珍プレーDVDです。

高校野球秋田県大会:本荘高校「故意の三振指示」に見るプロ野球「平和台事件」(西鉄VS毎日)【プロ野球★伝説のチーム−選手名鑑Blog】

こんにちは。

高校野球夏の選手権県予選では全国各地では続々と代表校が決まっていますね。
その一方で雨により大会の日程が大幅に遅れている県もあります。
関係者の皆様、ご苦労様です。

さて、秋田県大会では本荘高校が18年ぶり3回目の出場を果たしました。
その本荘高校、準決勝の秋田高校戦で監督さんが雨天ノーゲームを防ぐため、

故意に選手に空振りを指示

してゲームの進行を速めようとした采配が物議をかもし出しています。
高野連も本荘高校に始末書を提出させるようです。

このニュースを見て、昔読んだプロ野球の「平和台事件」について思い出しましたので、今回はそれをテーマにしたいと思います。

「平和台事件」

時はさかのぼり、1952年7月16日。
この日は平和台球場西鉄ライオンズ毎日オリオンズの試合が行われていました。
梅雨の影響で試合開始が2時間ほど遅れ、プレイボールは16時55分となりました。
都合の悪いことに、当時は照明施設などありません。
その日の日没予想時間は19時29分。
それまでに試合が終わらないと、何も見えない状況になってしまいます。

悪いことは続くもので、雨の影響により2回表に15分、3回裏には西鉄が5−1とリードした時点で約1時間の中断がありました。
本来ならば、雨で1時間以上中断し、グラウンドの状態が回復しない場合には雨天ノーゲームとすることができるのですが、グラウンドに砂を撒き、審判団は試合続行させます。

もうヤケクソです

さて、試合展開の方は4回裏の西鉄の攻撃時点で4−5、西鉄のリードです。
当時毎日総監督の湯浅禎夫は、この状態ならば次の5回の攻撃で毎日が得点しなければ、雨の影響で試合が終わってしまう可能性があると考えたのでしょう(5回終了の時点で試合は成立する)。
執拗な時間稼ぎに出ます。
タイムを執拗にかける、選手をベンチに戻させ水を飲ませる、スパイクの紐を結びなおす、西鉄打者が打った打球を選手はわざと落球。

もうなんでもありです。

この間にスコアは4−9と5点差に広がりました。
そして、5回表をむかえる平和台球場。
湯浅総監督は「もう暗くて、何も見えない」と審判団にアピール。
これが認められ、試合はノーゲームとなりました。

これに怒ったのが西鉄ファン。

降り注ぐ雨の中、

試合が何度も中断し、

露骨な時間稼ぎ作戦を見せられて、

終いには試合成立直前でのノーゲーム。

踏んだり蹴ったりです

西鉄ファンは激怒し、グラウンドに乱入。
まずは審判団を取り囲む。これに恐怖を覚えた審判団は毎日ベンチを指差します。

審判団、壮絶な裏切り

ここで西鉄ファンは毎日ベンチを総攻撃。
西鉄選手も必死になり、暴動をくい止めようとしますが焼け石に水。
西鉄ファンの総攻撃を浴びながらも、毎日選手団は辛うじて球場を脱出します。
この時、平和台球場には3000人を超える警官隊が動員されたそうです。

三国志の一個師団並みです。

さて、宿舎に帰った毎日ナインですが、それでも西鉄ファンの怒りは収まらず、宿舎にも西鉄ファンが殺到。深夜まで騒動が続きました。

後日談ですが、この騒動により湯浅総監督は解任され、若林忠志監督は二軍監督に降格し、別当薫選手が選手兼監督となりました。
毎日の二監督制は、この平和台事件により終焉をつげたのでした。
この事件がきっかけとなり、2年後の1954年には平和台球場にナイター用照明設備が設置されました。

1997年11月には、平和台球場はその歴史に幕を閉じ、完全閉鎖となりました。
長い間、お疲れ様でした。

これが「平和台事件」と呼ばれるものですが、どうですか?
秋田大会準決勝と若干状況が似ていますね。
私は試合を見ていないので真偽は確かではありませんが、一部の情報では秋田高校の執拗な時間稼ぎに対抗して、本荘高校監督さんが「故意に三振&ホームスチール」采配をしたそうです。
それよりも、雨天ノーゲームするぐらいなら、次の日に中断した回、スコアから試合を続ければこんな事件も起きないだろうに、と思うのは私だけでしょうか?
結論としては、故意に空振りを行った本荘高校の方が、西鉄ライオンズよりも一枚上手でしたね。

ともかく、本荘高校甲子園出場おめでとうございます。
甲子園本大会でもノビノビとした全力プレーを期待してます!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。